SEの彼氏を作る&婚活のコツ【特徴や攻略法】

SE

SEの特徴

システムエンジニア(SE)と聞くと、
かっこいい仕事のように感じられます。

プログラマーよりも責任が重いSEは、
はっきり言って、超ハードです。

 

仕事は、プログラムの開発から
納品からアフターケアまで、
すべてを取り仕切ります。

受けた仕事を、プログラマー達と
手分けをしてプログラムを作成します。

全員出来上がった段階で、
まとめると必ず不具合が起こります。

その調整で、また1からやり直さなければ
ならない場合も出てくるのです。

 

ですから、終電に間に合わなかったり、
徹夜になることは普通のことです。

とてもじゃありませんが、
デートに時間をさくことはできませんし、
また、心の余裕もありません。

 
プログラム関係の仕事に携わる人は、
いい意味での「おたく」が多いです。

休日出勤などは普通のことですが、
激務のすきまにできた休日は、
ひとり静かに過ごしたがります。

 

日常の買い物に出たりはしますが、
できれば家でビデオを観たり、
雑誌を読んだりと、ゆっくり落ち着く
時間
が欲しいのです。

もちろん家でも仕事は待っています。

 

SEを落とすには

このように激務続きのシステムエンジニア
とのお付き合いには、覚悟が必要となります。

ほとんど会うことができません。

クリスマスや誕生日など、
大切なイベントも一緒に過ごすことは、
まずできないでしょう。

 

普通の恋人のようなおつきあいは、
ほとんどできないと覚悟してください。

システムエンジニアの恋人を持つと、
繋がりはメール、LINE、電話となります。

そこで、文字で意志を確かめ合うことが
多いで、とにかく優しさが必要です。

 

疲れ切ってどんな時間に帰って来ても
おかえりなさい」と言えるような女性、

くたくたになって、心が折れそうな時
大丈夫、そばにいるから安心して
そう言えるような女性が必要になります。

 

ほとんどすべてのことを、
忙しい彼に合わせてあげられて、
いつでも癒してあげられる。

そんな母のような大きな心で
接することが大切ですし、

マザコンという意味ではなくて、
そう言う女性を求めています。

 

時代の最先端を行くシステムエンジニアが
必要とするものは、物でもお金でもない、
真の優しさなのです。

 

>>おすすめの婚活サイト・相談所・パーティーはこちら

 

    この記事も読むと、結婚が近付きます。

    ページ上部へ戻る